屋内猫にはペット保険が必要ですか?



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

屋内専用猫は保険が必要ですか?

クライアントは、猫(「外に出ない」)が本当にペット保険を必要とするかどうかを尋ねます。今日はその質問に対処します。

屋外の猫は、屋内専用の猫よりも怪我をしたり、さまざまな毒素、噛み傷、感染因子にさらされたりする可能性が高くなります。しかし、屋内の猫も病気になり、なじみのない屋外に逃げるとけがをすることがあります。屋内の猫でも、膀胱結石、尿路感染症、糖尿病、腎臓の問題など、さまざまな問題が発生する可能性があります。これらはすべて治療に費用がかかり、できるだけ早く治療しないと悪化します。

すべての猫は病気になります。それは人生の事実です。あなたのペットが病気になった場合に予想外の費用を支払う余裕がない場合、あなたの屋内猫がペット保険に加入することは非常に良い考えです。

外に出ない猫にはペット保険をお勧めしますか?

予想外の獣医法案をカバーするための貯蓄がない場合、答えはイエスです。咬傷や負傷のリスクは屋外の猫のリスクよりも小さいですが、予期しない事態が発生した場合に可能な限り最高のケアを提供できるようにしたいと考えています。

これが、屋内専用猫にペット保険が必要かどうかについてのあなたの質問に答えることを願っています。

ペット保険はあなたに適していますか?

最高のペット保険は、あなたのペットが必要とするどんなケアにも十分に対応し、あなたとあなたのペットに完璧な保険をかけるのに十分なオプションを備えた保険を提供します。

米国で最初のペット保険プロバイダーの1つとして、PetPartnersは2002年以来、50州すべてで犬と猫に手頃な価格の包括的なペット健康保険を提供しています。AmericanKennel ClubおよびCat Fanciers '関連付け、PetPartnersの高度にカスタマイズ可能なオプションを使用すると、ペットの所有者は個々のニーズと予算に合ったプランを作成できます。今日www.PetPartners.comにアクセスして、ペット保険があなたとあなたの家族に適しているかどうかを確認してください。)



前の記事

ノミは猫の背中とお尻にかさぶたを引き起こす可能性がありますか?

次の記事

5週齢のオスとメスの子猫の違い